完自の子猫見たもの、感じたことを書いきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


倉庫がっ
2007年07月12日 (木) | 編集 |
うらら「。。。。なんか 静かじゃない?」

一番 「フルブライト商会の声がきこえねぇな」

子猫 「リング会議に出かけたみたい」

一番 「うちはいかなくていいのかよ」

子猫 「行きたいのは山々なんだけどね。。。行けない理由があってね」

うらら「それとは違う静かさなんだけど。。。。」

子猫 「えっ?」

一番 「あいつじゃねぇか?新入りの。。。」

子猫 「あっ。。。。。。。忘れてた」

志武騎「ひどいな。。。扱いが参三郎さんだ」

子猫「ゴメン。。。いろいろバタバタしてたから」

参三郎「扱いが僕って。。。。」

うらら「完自で○雲さん。。。FoFでアルさん。。。」

なつき「それってつっこまれ役!?」

参三郎「ひどいですよぉ」

大五 「ぐずぐず言わんと早う迎えに行ってこい!」

参三郎「僕がですか。。。」

さくら「精製を使う必要がありますからね」

参三郎「赤木さんだって使えるじゃないですかぁ」

小猫 「私が北まで飛べるから、近くにいる参三郎さんが適任」

参三郎「あそこ狼や熊がいるから。。。」

仔猫 「ならすぐ助けにいってあげてください」

小猫 「私に憑依して!」


















志武騎「待ったいましたよ」

参三郎「はい 精製かけるよ。。。」

仔猫 「失敗したら私に渡してね」

志武騎「できました。はい これ!」

参三郎「なんだこれ???? 小猫さんあげるよ」

小猫 「いりませんよ。。。倉庫いっぱいだし」

20070712002757.jpg


参三郎「もう何も入りませんよぉ 赤木さ~ん」

なつき「ペットショップでも開く??」

さくら「それか、猛獣使いに転職ですね!」

参三郎「あっ  白狼使いはアーチャー。。。さくらさんじゃ?」
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。