完自の子猫見たもの、感じたことを書いきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


素性 3
2008年01月09日 (水) | 編集 |
なつき「ねぇさくらさん。。。どうしてこっちに来てから『西堀』から『風舞』にしたの?」
さくら「そううですえ。。。あまり意味はないんですが。。。強いて言えば心機一転でしょうか?」
なつき「心機一転?」
さくら「ええ、新しい仲間に出会うのに母方の姓を使ってみました」
なつき「へ~ たまたま?」
さくら「そうですねぇ。。。」

志武騎「はたしてそうかな?」
さくら「う。。。頭痛が。。。」















なつき「志武ちゃんが来るとさくらさん頭痛になるよね」
志武騎「それには理由があるのです」
さくら「理由?」

志武騎「そうです『風舞』の血がかかわる理由が。。。」

さくら「風舞の」
なつき「血?」


慰弥志「さくらさんの頭痛はおそらく風舞の血の記憶が起こすもの・・・」
なつき「慰弥ちゃん。。。」
さくら「血の記憶?」

慰弥志「慰弥ちゃんはちょっと。。。」













慰弥志「その昔風舞の家はさる方をお守りする家系でした」


志武騎「現在は男系が続いたうちの家系が本風舞として継いでいますが。。。」



慰弥志「その流れは京都風舞、神戸風舞、東京風舞にも受け継がれています」

なつき「料亭?」

志武騎「その流れはそれぞれの役割を表しています」

さくら「役割?」

慰弥志「そう。。。本風舞は火をもって。。。京都風舞は山をもって、神戸風舞は風をもって、東京風舞は林をもってこれに当たる。。。」

なつき「風林火山!?」

慰弥志「こじつけですけどね。。。。」

なつき「こじつけかい!!」

志武騎「問題はなぜこじつけられなければならなかったかです」

一番「おぅなんだか難しい話してるな」

さくら「それはなぜですか?」

慰弥志「それは大切な柱となる家が絶えてしまったから。。。」

慰弥志「本来風舞は5派、春夏秋冬と世界の半分を支配する闇に生きるもの。。。」

一番「春。。。さくら。。。」

志武騎「さすがヒーロー察しが早い!」

一番「で。。。どういうことだ?」

なつき「わかってないんかい!!」

慰弥志「お察しの通り 春=さくらさん 夏=志武騎君です」

なつき「じゃあ他の3つは?」

「私たちです」

さくら「誰ですか?」

かえで「秋 の風舞かえで ウィザード」

ウィザードかえで


ひさめ「冬 の風舞ひさめ スカウト」

スカウトひさめ


つきよ「闇 の風舞つきよ ウォーロック」

ウォーロックかざまいつきよ


志武騎「つまり かけた柱は西堀家へ嫁いだ母を持つさくらさんあなたの家系だったのです」

なつき「単に新キャラ紹介?」
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。