完自の子猫見たもの、感じたことを書いきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3月14日
2008年03月14日 (金) | 編集 |
前回の続き。。。
マジカルハウス


一番 「それとな」
かえで「はいっ」
一番 「先月の約束なんだが。。。」
かえで「はいっ」

一番 「これ」
かえで「はいっ」
奇跡のマシュマロ

かえで「奇跡。。。いいんですか?」
一番 「おっ  おぉ。。」

一番 「それとな」
かえで「はいっ」
一番 「これ」
それと。。。

かえで「服?」
一番 「おっ  おぉ。。  気に入るかな」
かえで「着てみていいですか?」

一番 「おぉ」

似合う?


かえで「似合いますか?」
一番 「おっ おぉ。。」
かえで「よかった」

一番 「今度な なんだ。。。その。。。」
かえで「はいっ」
一番 「どこか行くか。。。それ着て」
かえで「はいっ 連れて行ってください!」
一番 「おっ おぉ」





参三郎「もう~赤木さ~~~ん!」
大五 「どないしたんや?」
参三郎「作り置きしてあった奇跡のマシュマロが無いんですよ」
大五 「それなら1つもらった」
参三郎「もう~大五君!」
参三郎「誰に渡したの?」
大五 「内緒や!」
参三郎「そうですか!(どうせランちゃんだろうけど)」
参三郎「 ??1つ??数が合わないよ!」
大五 「なんや慰弥志も持って行ってたぞ」
参三郎「もう~みんなで~~!」
大五 「でもな、わろたで~志武騎のやつ」
参三郎「どうしたの?」
大五 「タイニー島でマシュマロ集めてた」
参三郎「え?クローラーまゆみたいな方の?」
大五 「そや!それも大量に!!」
参三郎「誰に渡すんだろう??」
大五 「そりゃひさめとちゃうか?」
参三郎「F系の彼女には邪魔なんじゃないかな?」
大五 「せやな。。。ただのマシュマロじゃ。。」

なつき「あっいたいた!」
大五 「なんや?なつき」
なつき「参ちゃんさっきはマシュマロありがとう!」
大五 「なにっ?」
参三郎「いや。。そのね。。。」
なつき「奇跡の。。。をくれるって思ってもなかったわ」
大五 「お前もやっとるやないかい!!」
参三郎「ゴメン。。。」

なつき「そんなことより参ちゃん」
参三郎「なんです?」
なつき「社長から通達」
参三郎「え?。。。」
大五 「なになに。。。。参三にENGEIを命じる??」
参三郎「ENGEI。。。」


参三郎「ぶつぶつ。。。」

参三郎「僕にできるのか。。。ぶつぶつ」

参三郎「つっこみは大五君で。。。ぶつぶつ」

参三郎「なつきちゃんの天然もほしいし。。。ぶつぶつ」

参三郎「悩む~」
赤城さ~ん


なつき「なにか勘違いしてるよね。。。」

大五 「おもしろいからほっとき」








同時刻モーグ

shibuki.jpg


志武騎「ひさめちゃ~~~ん!」

志武騎「どこ~~」

志武騎の背後でハイディング中のにさめ

ひさめ「(動けない。。。)」
志武騎「マシュマロ500こ用意したよ~」
ひさめ「(MP回復なんていらないし。。。)」
志武騎「照れないで出ておいで~」

ひさめ「(照れてない。。。)」
ひさめ「(こいつ。。。 刺してしまうか?)」
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。